アフターピルの代表と言えばアイピル

万が一の時に避妊効果を期待できるアフターピルは、最近は改良が進んで体への負担も軽減したものが多くなってきています。
その1つであるアイピルは使用する方も多く、他のアフターピルよりも副作用が少なくて服用方法もシンプルで使いやすいと人気です。

アイピルは服用することで大幅なホルモンの変化が起こるので全く副作用がないとは言えません。
しかし、比較的その変化の起こる動きが速やかでスムーズなので、副作用が控えめで短期間で収まるという声が多いです。
とは言っても急激なホルモンの変化に体が対応できないことが多いので、どうしてもいつもとは違うと感じてしまうことも出てきます。

例えば吐き気や頭痛、下痢などが出てしまう方がいるようです。
症状の現れ方も人によって異なるのであまり辛くない、感じないという方もいます。
注意点としては摂取後すぐに嘔吐してしまった時は成分が吸収されていないので再度飲む必要があります。
一般的に3時間くらい経つと十分に成分が摂取されて効果を発揮できると言われています。

しかし、アフターピルの中では体への負担が少ないことから、アイピルはアフターピルを代表するようなメジャーな存在です。
それだけ多くの方が負担なく安全に使ってきたという実績があるのです。
副作用を感じなかったという方も多いので、できるだけ体をいたわりながら避妊したい方にはぴったりです。
さらに空腹時に飲まないなどの工夫もすれば、より一層安心して使えるでしょう。

効果の高さと体への負担を減らすという両方を実現している進化形のアイピルですので、初めてアフターピルを利用する方や念のためストックしておきたいという方まで幅広く利用できます。
どちらも譲れない条件ですので、それを兼ね備えている点でも人気なのは頷けます。
緊急時であっても自分の体のことを考えて安心で体に優しいアフターピルを選ぶことで、その後の体調にもかかわってくるので慎重に選ぶことが大切です。
そんな女性の味方になってくれるのがアイピルなのです。

アイピルの正しい服用方法について

ノルレボ錠のジェネリック医薬品であるアイピルはインドのシプラ社によって製造されており、現在、信頼感の高いアフターピルとして人気を集めています。
アイピルは、避妊に失敗してしまった後や避妊をせずに性行為をした時に24時間以内に服用すれば、望まない妊娠を95%の確率で回避できるとされています。
また、72時間以内であれば75%避妊できるという実験結果もあります。
掲載されているのものだと、1回1錠を水かぬるま湯と一緒に飲むこと、できるだけ早く服用することがあり、正しい方法を用いることで高い効果を得ることが可能になります。

アイピルは簡単な服用方法で効果が期待できるアフターピルです。
一方、使用をする際には定められた注意点を守ることが第一の条件になり、どのような副作用があるのかに関しても把握をしておくことが大切です。

使用方法の注意点は明示されているように、嘔吐が起きる場合があることを指摘しています。
また、服用前に妊娠していないことを妊娠検査薬で確認することも求められており、以前の性行為で既に妊娠していた場合では緊急避妊薬として効果がないとしています。
常用は禁止事項になっており、あくまでも緊急避難的な方法であること、妊娠をしている可能性がある場合には服用しないこと、中絶用ではないことの明記があります。

アイピルは他の緊急避妊薬と比べ、副作用が少ない方だと言われています。
嘔吐は最も多く現れやすい症状になるものの、他にも、頭痛や下痢、不正出血、眠気やむくみ、めまいなどがあります。
中でも頭痛は嘔吐の次に多い症状になっており、服用中の喫煙は要注意になります。
理由にはニコチン作用によって血管が収縮し血流が悪くなることがあり、この場合、血栓ができてしまう可能性があります。
アイピルには、服用の際には医師の指示に従うことが定められており、安易に自己判断をしないことが大切です。

●医薬品の通販も可能なので、アイピルを事前に用意しておくのも良いでしょう。
アイピルは通販で即日発送が可能