アフターピルの効果や服用方法について

ピルといえば避妊薬として知られているが、これは性行為前に服用をすることで妊娠を防ぐものですが、実はアフターピルと呼ばれるものも存在しています。
アフターピルとはその名の通り性行為後に服用する避妊薬で、あくまでも緊急避妊として使用されるピルです。

ですので、アフターピルは避妊をする際のメインとして使うのではなく、性交渉の際にコンドームを装着したが破損したり途中で外れた場合、もしくは危険日だと知らずにコンドームの着用そのものをしていない場合などの緊急時に服用して妊娠を防ぐというものです。

その効果は非常に高いものとなっていて性交渉から72時間以内に服用することで、女性ホルモンが排卵日を遅らせて子宮内膜への着床を阻害することができて、その避妊成功率は約80%と言われています。
服用方法も簡単で性行為後にできるだけ早くアフターピルを1錠飲むだけでOKなので常備して万が一に備える人も少なくありません。

ただし、アフターピルはあくまでも緊急時に使用するもので中絶薬ではありません。
ですので受精卵が着床してから服用をしても意味がないので、大切なことは性行為後できるだけ早く服用をすることです。
ベストは24時間以内と言われていて、24時間以内であれば避妊成功率は95%と言われています。
その後時間が経過するにつれて避妊成功率は低下します。

また、薬なので副作用の心配もあります。
現在確認されている副作用としては吐き気や嘔吐・頭痛・めまい・眠気・不正出血などです。
そして、服用してから2時間以内に嘔吐してしまうと薬の効果が現れない可能性があるので、その場合には再び服用する必要があります。

ちなみに副作用によって現れる症状が24時間続くことはないと言われているので、もしも症状が現れて一向に回復しない場合には病院で診察を受けてください。
ただし、近年使用されているアフターピルのほとんどは副作用がほとんどないので過剰に心配する必要はありません。

アフターピルは性行為の後いつまでに飲むことが前提?

アフターピルは性行為の後、72時間以内に服用することが前提で作られています。
しかし、より万全な避妊効果を期待するならば、なるべく24時間以内にアフターピルを服用することが望まれます。

服用方法を間違って、時間がかなり経ってしまってから服用したりすると全く効果がなくなってしまいますが、時間通り使用すると非常に使いやすく頼りがいのある薬です。

アフターピルの副作用については、吐き気や嘔吐頭痛などが挙げられますが、最近使用されているアフターピルに関しては、昔と違ってほとんど副作用がありません。

性行為後24時間以内に服用すれば、高確率で効果が期待でき、副作用もないので日常的に使用すると、非常に便利です。

日ごろあまり使用しないという人でも、いつでも一つは身近に置いておくと万が一という時に慌てなくてすみます。
副作用もなく安全なお薬だということがわかってきていますので、もしも知り合いや友人が必要な時にでもすぐに用意してあげることもできますから、常備しておくことは損ではありません。

副作用もなく、安心して使用できるアフターピルの存在は昔ほど使いにくい印象を持っている人もいませんから、堂々と使っていると宣言している人も増えています。
そういう行為があり、気にしている人がいたならば、24時間以内かどうか聞いてみて、さっとアフターピルを差し出してあげるという行為も違和感なく受け入れられる世の中になりつつあるのです。
もしも24時間が過ぎていたとしても、72時間以内の行為であれば、いくらか効果が期待できます。

これだけ安心して使える薬ですから、大学生や社会人の子供に親からプレゼントとして持たせておくというケースもあるほどです。