低用量ピルの種類についての紹介

低用量ピルは定期的に飲むことで排卵や子宮内膜の増殖を抑制することができ、妊娠を防ぐことができます。
特徴の1つに緊急避妊には使えないことがあり、避妊に失敗するなど緊急時に処方される中用量ピルとは異なることを理解しておく必要があります。

現在、低用量ピルは様々な商品が販売されています。
基本的には21錠タイプと28錠タイプがあり、2つのタイプは7日間の休薬期間があるかないかの点で異なります。
つまり、21錠タイプは21日飲み続けたあとに7日間休み、8日目から新しいシートを服用します。
一方28錠タイプは休まずに飲み続けることがあり、7日間に関しては偽薬を服用することになります。

低用量ピルの種類は相性(そうせい)・世代ごとで分けられ、相性は21錠のホルモン量の変化による分類です。
1相性、2相性、3相性の3タイプがあり、まず、1相性ピルはホルモン量が全て同じで生理日の調整がしやすいという特徴を持ちます。
2相性ピルは、ホルモン量が前半と後半の2段階に分かれたタイプです。
後半に飲む分に前半の約2倍の黄体ホルモン(ブロゲストーゲン)が含まれており、その作用は自然のホルモン変化に最も近いとされています。
3相性ピルはホルモン量が3段階に増えるタイプになっており、ホルモンの配合率は商品によって異なるものの、中間にホルモン量が増えるタイプと後半に進むほど増えるタイプの2つがあります。

年代では第1世代から第4世代までがあり、分類には黄体ホルモンとして開発されたノルエチステロン、デソゲストレル、レボノルゲストレル、ドロスピレノンの4種類が大きく関係します。
例えば、第1世代は黄体ホルモンとして最初に開発されたノルエチステロンが使用されており穏やかなタイプとして人気があります。
また、避妊薬の他に月経前症候群の緩和にもよく用いられており、低用量ピル発祥の国アメリカでは最もポピュラーな存在です。
世代別では特徴とともに使用されている黄体ホルモンに違いがあり、第2世代はレボノルゲストレル、第3世代ではデソゲストレルを成分として作られています。
第4世代は超低用量ピルとも呼ばれ、ドロスピレノンが使用されており、第3世代までが体質に合わない人向けに処方されます。

1相性~3相性とある低用量ピルのうちどれを選ぶ?

低用量ピルはさまざまなメーカーからいろいろな種類が販売されています。
ピルの成分にある2種類のホルモンにおいて卵胞ホルモンはエチニルエストラジオールです。
黄体ホルモンはノルエチステロンやデソゲストレル、レボノルゲストレルやドロスピレノンなどの化学構造がやや異なる4種類があります。

配合されている黄体ホルモンの種類において第1世代や第2世代・第3世代というような分け方をすることが可能です。
世代とは別に服用するホルモンの配合率によって1相性や2相性・3相性にも区分されます。
すべての錠剤のホルモン配合量が同じタイプを1相性と言い、配合比率が2段階や3段階に変化するタイプを2相性や3相性と呼ばれています。
例えば2相性は成分割合が2段階に変化し、飲む順番が決まっているようなタイプのピルにおいて服用する前半は黄体ホルモンの量を抑制し、後半のホルモン量が増えることから自然なホルモンの変化に近づけていく仕組みです。

低用量ピルを利用すると生理を止めたり体内のホルモンバランスを調整する作用があるので、生理不順や月経前症候群・生理痛などの症状に苦しんでいる人の不快な症状を和らげることができます。
子宮内膜症などを改善したり子宮にできる癌などのリスクを減らすこともあるので幅広い世代の人に利用することが可能です。
主な作用として生理痛や出血量と共に生理が軽くなったり、生理周期が安定するなどがあげられます。
生理前のイライラ(PMS)が改善されることもあり、肌荒れやニキビなども改善することが可能です。
乳房の良性腫瘍の発生率が下がることもあり、個人によって相性や飲み合せなどもあるので一度医師に相談し自分に最も適したものを見つけると良いでしょう。